BUTTONな暮らし

陶芸家(夫・中平美彦)の作品紹介、私の陶ボタンの仕事について、毎日の暮らしのなかで感じたこと・見つけたことなど 綴っていきます。

--.--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008.04.02.Wed

笑う

             動く静止画


 「悲しいから泣くのではない、泣くから悲しいのだ」 
 「楽しいから笑うのではない、笑うから楽しいのだ」

 という説が、心理学にあるそうで、そんな題名の本もみかけたようにも思います。


 まず状態があって、感情が後からついてくるんですね。
 気分的な落ち込みをふかくしないためには
 「わらう」
 「口のゆるむことをする」
 効果的なことだと感じています。


 普段ちょっと我慢しているモノをたべたくなるとか
 ゆっくりお風呂にはいりたくなるとか
 ぎゅっとむすんだ口元がすこしゆるむようなことを
 ヒトは自然に選んでいるんですね。

 
 以前、むりに笑い顔をつくろう(仕事中一人の時))として
 そんな自分がおかしくて 情けなくって
 つい笑っちゃったら
 それだけで 
 すこし気分がかるくなったことがありました。



 「動く静止画」
 なんの意味もないようなモノをみるのもいいかも。


 子供達に「ほら~見て、見て」と
 見せたのだけれど
 すでに 知っているらしく
 「一点をみつめると 止まって見えるやつでしょ」で
 おしまい。

 ちょっと誇らしげに見せた自分がちょっと恥ずかしくもあり ちょっと笑えた…デス。

 …
 …
 こんなのを 自分で描いたらたのしいかなって思うのですが。

 
 
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://slowon.blog103.fc2.com/tb.php/73-77fadf77

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。