BUTTONな暮らし

陶芸家(夫・中平美彦)の作品紹介、私の陶ボタンの仕事について、毎日の暮らしのなかで感じたこと・見つけたことなど 綴っていきます。

--.--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011.05.26.Thu

試験を受けました。

何年ぶり、いや
何十年ぶりかに試験を受けました。


資格試験です。


いや~~
もお~~


時間ギリギリでした。


見直すことも ほとんどできませんでした。


いたって根がまじめですから((#^.^#)勉強はしましたが
なんといっても
邪魔だったのが
試験中の私自身の「余計な考え事」


去年からなんども読んでいる
小池龍之介さんの「考えない練習」(小学館)からの言葉をところどころ使わせていただくと。


「小さいミスをしないようにしなきゃ」
「隣のヒト、どんどん問いてる(と勝手に推測)」
「時間足りるだろうか(時計をなんども見てしまう)」
「次の問題、どんなだろ」
「何点ぐらいとれるだろうか」


そのとき、そのとき
考えなくてもよさそうなことが


考えたくもないのに(ここがみそ)。。。


細かい一瞬一瞬、大量のノイズが混ざることで
私の「集中」は途切れつづけていたのです。(というとかっこいいけど。。。)


そう
心の中のひとりごとがふえて
心のメインメモリは無駄な雑念にくいつくされてました。。。。


思考は私たちの[自由]に動いていないことを 
こんなときに
思いしらされたのです。


こんなこと「本番」で思いしらなくてもいいのにね。。。


「ふだんは 思考を操れずに多くのことを「考えすぎる」せいで
 思考そのものが混乱して、鈍ったものになってしまいがちです。
 考えすぎで思考を錆びつかせるのはやめて
 [考えない練習]の時間という充電をすること。」

(ものすごく略していうと 五感を研ぎ澄まして実感を強めることにより、
 思考というヴァーチャルなものを乗り越えるということ)


「考えない練習」してみようと真剣に思いました。


さてさて
試験の結果はいかに。


それにしても
学生の時はこんなに緊張したっけかな。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://slowon.blog103.fc2.com/tb.php/522-ed91de2e

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。