BUTTONな暮らし

陶芸家(夫・中平美彦)の作品紹介、私の陶ボタンの仕事について、毎日の暮らしのなかで感じたこと・見つけたことなど 綴っていきます。

--.--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008.02.02.Sat

百人一首 

陶ぞうくん
うちの子が通っている小学校では 
昨日まで「百人一首」を「一日一首」を目当てに
おぼえられたか見てくれていました。


それも校長室で校長先生が、です。

百人一首チャレンジをとおして 次のようなことが 子供たちの力になればという
思いで、です。

  百人一首に慣れ親しむことで言葉の響きやリズムを感じられる
  覚える頭脳を鍛えられる
  努力することのよろこびと苦労を感じとることができる
  大きな響く声で自己表現する力をつけられる

そして なにより子供達の声を聞きたいというお気持ちも強いようでした。

もちろん、全校生徒60人弱という環境もあって 可能なことなのでしょうが、
それでも 朝休み・昼休みと生徒ひとりひとりの声を毎日聞くというのは
よろこびありつつもたいへんなことであったと思っています。


うちの子も最初はのんびりペースで 暗記していましたが
1月にはいって俄然意力をしめすようになり、
チャレンジ終了日を意識するようになってきました。

いままで のんびり屋さんで なにかが出来なくてイライラすることも
なくきていた うちの子でしたが、
80首あたりから頭にすっと入らなくなり
そんな自分自身がもどかしいようなイライラをみせたり…でも一晩ねると
スラスラ言えている嬉しさを感じたり…
本人にとっても 親にしても なんだか楽しい1月でした。

そしてなんとか100首合格。
昨日最終日は100首いっぺんに聞いてもらって 100首師範になってきました。

意味がわからなくても暗誦できる子供のすごさ・可能性に
あらためて驚きました。

この経験は宝物になるだろうし、これからの知的好奇心の土台のひとつに
なっていくのだろうなと感じました。


この経験を与えてくださった校長先生に感謝いたします!




小さな学校では 出来ないことも多いのですが
小さいからこそ 出来ることもあるのだぁと感じました。

何事も 出来ないことより 出来ることを数えていきたいものですね。



<陶ぞうくん/娘作>






  
スポンサーサイト

コメント

2008.02.03.Sun

大切な宝になると思います。

小学生で百人一首を全て憶えたなんて・・・。とてもうらやましいですね。きっとこれは、憶えたというより、記憶なんでしょうね。学校での勉強を全て忘れたところで、きっと頭のなかに残っている大切な宝となると思います。次は・・・、何を記憶されるのでしょう。楽しみですね。。。
2008.02.04.Mon

コメントありがとう!
ほんと親からしても 「うらやましい」その
柔軟な頭脳。こちらも 少しは鍛えなければとつくづく感じました。レオ君もたくさん記憶してるお年頃なのでしょうね。。。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。