BUTTONな暮らし

陶芸家(夫・中平美彦)の作品紹介、私の陶ボタンの仕事について、毎日の暮らしのなかで感じたこと・見つけたことなど 綴っていきます。

2009.08.11.Tue

「青春18キップ」で帰省してきました

200908 henonehomoheji

「青春18キップ」をつかって こんな感じで帰省してきましたよ。


金沢→敦賀→米原→豊橋→浜松→静岡→熱海(下車して毎年お世話になっているギャラリーに
ご挨拶)→東京→東京・荻窪


帰りは
新宿→高崎→水上→宮内→直江津→富山→金沢


というはずでしたが大雨のため 水上駅で電車がストップしてしまいました。


水上から
代替輸送ということでバスが出て越後湯沢へ。


代替バスの到着まで90分近く小さな改札で
100名ほどで待つのはなかなか
しんどいといえばそうでしたが…


ちいさなイスを持っていってたし
お菓子をゆっくり物色できる時間もあったりで
待ち時間もまた 楽しいものでした。


「行き」も
帰りも水上駅まではスムーズにいって
ちょっと物足りない?気分がしないではなかったので
(ものすごいハプニングは困るのですが)


「おぉ~やっと旅が始まった~」と
つい娘に言ってしまって…


娘は首をかしげておりました。


越後湯沢に着いたのはいいものの
そこから先が???マークでしたので
しばし混乱。


娘もいるし 空模様も不安定・日をまたぐのもちょっと怖いしで…
結局
直江津まで2駅だけほくほく線にのりました。(この場合、乗車券・特急券を別に支払い要)


更に
お金をはらえばそのままで金沢へいくとこもできたのですが
せっかくの「青春18キップ」での旅行を
特急にのって終わらせるのは本望ではないと(お金もかかるし…)


直江津→富山→金沢という風に帰ってきました。


しかしながら
ほくほく線ってすごい!
たくさん時間のロスをしたのに
結果的に予定通りに金沢についていたのですから。


娘に
「電車にずーっと乗ってどうだった?」ときくと


「おしりが痛かった!」とな…


車中
ノートに○×ゲームしたり(この写真もゲームのひとつ)
手遊びしたり
しりとりしたり
ぼーっとしたり
車窓からの景色をいっしょに眺めたり
楽しんでるようには見えたのですが


仕方ないかな…「おしり痛かった」が第一声でした。


私は肉布団のおかげもあって 痛くはありませんでしたが…。トホホ



なか4日間、実家にいたわけですが
「うち個展」の余韻もあって
いつになく
気になるお店を訪ねたり、作品をみたり
歩き回ってまいりました。


東京っているだけで
(よくもわるくも)刺激をたくさんうけるところ。


そのいいところを
静かなこちらに戻って 上手に消化できたらいいなと
思っています。


それから
お留守番の夫と息子に感謝デス!


<「へのへのもへじ」でどちらが多くいろいろな顔をかけるかゲームもしました>




スポンサーサイト

コメント

2009.08.12.Wed

Re: 「青春18キップ」で帰省してきました

おんちゃん、お疲れさまでした。お母さん業をしばし忘れて、学生時代に戻ったかの様にワイワイと楽しかったね。 貴重な一日でした。また東京に戻って来たらみんなでお喋りしましょうネ。待ってまーすv-221 
2009.08.13.Thu

mariちゃん

そう、あの時は「お母さん」忘れてました。
なかなかない時間だったよね。
久しぶりに会っても ああいう風になれる 大切な仲間だなって
つくづく思いました。

mariちゃん、いろいろありがとね~

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://slowon.blog103.fc2.com/tb.php/305-229983c9

 | HOME |