BUTTONな暮らし

陶芸家(夫・中平美彦)の作品紹介、私の陶ボタンの仕事について、毎日の暮らしのなかで感じたこと・見つけたことなど 綴っていきます。

2009.06.12.Fri

20年がたちました。

200906 uraniwa kara

「祝婚歌」 吉野弘
                                    
二人が睦まじくいるためには
愚かでいるほうがいい
立派過ぎないほうがいい
立派過ぎることは
長持ちしないことだと
気づいているほうがいい

完璧をめざさないほうがいい
完璧なんて不自然なことだと
うそぶいているほうがいい

二人のうち どちらかが

ふざけているほうがいい
ずっこけているほうがいい

互いに非難することがあっても
非難できる資格が自分にあったかどうか
あとで疑わしくなるほうがいい


正しいことを言うときは
少しひかえめにするほうがいい
正しいことを言うときは
相手を傷つけやすいものだと
気づいているほうがいい


立派でありたいとか
正しくありたいとかいう
無理な緊張には色目を使わず
ゆったりゆたかに
光を浴びているほうがいい

健康で風に吹かれながら
生きていることのなつかしさに
ふと胸が熱くなる
そんな日があってもいい


そして
なぜ 胸が熱くなるのか
黙っていてもふたりには わかるのであってほしい


「贈るうた」作者: 吉野 弘/出版社 :花神社/1992


●作者の吉野弘さんは、この詩を「民謡」のように伝えていって欲しいと著作権をフリーにしているそうです。





つい先日は
私達の結婚記念日でした。20周年です。


夫は東京へいっていないし
まあ 記念日といってなにをするでもなく

でも 仕事をしながら 合間、合間にふっと
これまでのいろいろを思い出してみたりしていました。


うちの場合、
結婚したときは夫が陶芸家ではありませんでしたので
思い返せば
そういう意味でも やはり「高き山あり 深き谷あり」で
引越しも数知れず(表向きは横浜→瀬戸→郡上八幡→金沢となっていますが)


私はその土地土地で仕事を見つけ…
ときには(かなり?) めげそうになりながらも 


なんとか今日まで
よくやってこられたなぁと一人しんみりしてしましました。


そして 
つらいときも
なんとかやってこられたのは


夫の変わらぬ家族への真摯なきもちと
(最初は)右も左もわからない世界へ一生懸命取り組む気持ち・一生懸命さが
そして 生活を少しでも楽しいものにしようという気持ち(と工夫)が
途切れることなくあったからだと思っています。


そして 吉野弘さんの詩をおかりするとしたら


その横で私がちょっとふざけて・ずっこけてたからよかったのかなと
ほんの少しだけ 自画自賛。(お許しを)


その「ずっこけ」加減もほどほどにしないと
いけないところではありますが


「熱き胸の内」を忘れないように


これからも頑張っていけたらいいなと思った一日でした。



<ブログ初期にもこの詩を載せさせていただきましたが、再度。>




追記:もちろん、友人、「シュトレーンの君」さまはじめ 
    たくさんの方がたの存在なしには「今」はなかったと思っています。
    あらためて ありがとうございます。




ランキングに参加してみました。
よろしければ ぽっちっとお願い致します。

ブログランキング・にほんブログ村へ


にほんブログ村

スポンサーサイト

コメント

2009.06.13.Sat

おめでとうございます。

20周年v-300

それぞれ夫婦の形がありますよね。
ONさんご夫妻の形・・あったかい。
お会いした事もないのに、お二人のほほえましい光景が
イメージできるのです。

私も、昨年銀婚式を迎えました。
よく、ここまで来たものだ・・と思います。
私達もいくつもの山を越え、谷を彷徨い、
今に至りました。
ちょっぴり嫌なところもあるけど、尊敬できる夫です(笑

素敵な詩もありがとうございました。
これからも、ブログ楽しみにしてます。
2009.06.13.Sat

Re: 20年がたちました。

一年一年をご主人と大切に育んで来たおんちゃんの曇りのない心の眼が大好きですよ。共感しています。私も山あり谷ありでそばにいてくれる夫に精一杯愛情を注ぎたいと思います。20周年本当におめでとう。中平家に沢山の幸せが訪れますようにv-22 
2009.06.13.Sat

Re: 20年がたちました。

とても懐かしい詩に出会い、思わずコメントを書いてしまいました。
自分が結婚する時にこの吉野さんの詩に出会い、とても勇気づけられて、結婚ってこういうもんなんやなぁ、ととてもしみじみしたことを思い出しました。
なんだか読んでいて、当時を思い出し(ちょっといろいろあったので)涙なんか出てきたりして。
うちはまだ結婚して四年しか経ってませんが、思っていたよりもずっと夫婦っていいもんだなぁと思っている今日この頃です(ひとえにうちの主人のおおらかさによるものですけど。うちも私がずっこける役割ですので)。
2009.06.14.Sun

Re: Re: 花地蔵さま

i-228 花地蔵さまのご夫婦、きっといいご夫婦と
コメントから察してしまいましたよ~

> ちょっぴり嫌なところもあるけど、尊敬できる夫です(笑

そうですよ~私も。
でも きっとそれはお互い様です。
その上で 尊敬できるってとこが ポイントですよね。

せっかく縁あって結婚したのですから 
ずっと仲良く励ましあって生きていけたらいいですよね。

コメント嬉しかったです。ありがとうございます
2009.06.14.Sun

Re: 20年がたちました。

ご結婚20周年!おめでとうございます。
昨日、日本橋三越で初めてご主人の作品を購入させていただきました。
花びらの形の深さのある器です。
煮物を入れる大きめの器をずーっと探していて、ついに出会えました!!
ありがとうございます。
早速今日のお夕飯は筑前煮と意気込んでおりましたら、
先ほど夫から「ハンバーグが食べたい」
ハンバーグ乗せたろか(笑)
私たちは来月10周年を迎えます。
まだまだ中平ご夫妻の半分。
しかも夫を支えるというよりは、ぶらさがってます。
反省しなくては。
東京でまたご主人の素敵な作品に会える日を楽しみにしておりますね


2009.06.14.Sun

Re: mariちゃん

いえいえ、
私こそmariちゃんのご主人へのまっすぐな気持ち・姿勢に
いつもうたれています。
お互い がんばりましょう。…頑張るは変かな?でもある意味、
努力は必要よね。mariちゃんといころは結婚二十何年になったっけ?

2009.06.14.Sun

Re: もこさん

> …、思っていたよりもずっと夫婦っていいもんだなぁと思っている今日この頃です。
これからも ずーっとそう思えるように やっていけますように。
もこさん達も私達も。

そして この詩 優しくって ステキだね。
こんな優しい気持ちを大切に思ってやっていけたらいいね。 コメント ありがとね!
2009.06.14.Sun

Re: たまこさん

お買い求めくださってありがとうございます。
そのうえ コメントまで…有難くおもいます~


> 先ほど夫から「ハンバーグが食べたい」
> ハンバーグ乗せたろか(笑)
ちょっと小さくして 肉団子風だったら あの器にあうかも(笑)

> しかも夫を支えるというよりは、ぶらさがってます。
> 反省しなくては。

ぶらさがってもらうのも けっこうだんな様うれしいかも、ですよ。

また今後ともどうぞよろしくお願いいたします~
…夫が帰ってきたら たまこさんからのこのコメントみせますね。ありがと!!
2009.06.24.Wed

Re: 20年がたちました。

お久しぶりですv-238
足跡をたどってみると!!
陶器のボタンの!!!
なんだかこんな風に繋がれるのは嬉しいです
そして よくぞ足跡つけて下しました
これからもどうぞ
繋がっていて下さいね

ほんとうに嬉しいです
そしてこの祝婚歌わたくしも
好きな詩ですなんだか 本当にそうだな
と 静かに 思うんですね
20周年おめでとうございます
また遊びにきますね
そして リンク貼らせていただきますね♡
2009.06.25.Thu

yokoさん

おひさしぶりです。
じつはyokoさんのブログ、前からみていたんですよ。
新宿のイベントでは 少ししかお話しませんでしたが(もう4年位前!)
なんだか気になった方でしたので。

あれからずいぶんyokoさんのブログの内容の感じも変わって
とてもいい方向にすすんでいらっしゃる様子がよく伝わってきます。
それに比べ 私は相変わらずです。
なにが違うのでしょうか…と貴方のブログを読むといつも
感がさせられます。
ひょうたん!楽しみですね。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://slowon.blog103.fc2.com/tb.php/277-e9f0a39a

 | HOME |