BUTTONな暮らし

陶芸家(夫・中平美彦)の作品紹介、私の陶ボタンの仕事について、毎日の暮らしのなかで感じたこと・見つけたことなど 綴っていきます。

2007.12.22.Sat

冬至にお菓子をやく

Dsc07109_3 今日は冬至。寒い土地に住むようになってこの日がすごくまちどしくなりました。

明日からはすこしづつ 夏にむかうのだ!(寒さはこれからきびしくなろうとも…)

ときには 鉛色の空の中に夏の強い日差しを思い出したりして寒い日をやりすごすのです。

3連休ですが 朝からバタバタと夫の作品の梱包をしたり、合間に片付けをしたり…おまけに子供の個人面談もあったりで(遠いし)…なんだかあせっていました。

そういうときこそ!おやつをつくる!のです。       

今日は「カヌレ風焼き菓子」をつくってみました。形は?だったけれど 好評。

?お砂糖50g・バター20g・牛乳1cupを沸騰直前まで温めた中に 

?小麦粉50gをよく混ぜ、?少しさめたら卵1こを混ぜ、プリン型(7ヶ)にいれて

?190度のオーブンで40分ほど焼いてできあがりの とても簡単なもの。

ホントのカヌレとはほど遠い感じではありますが、濃い茶色になるまで焼いた表面はかりっと香ばしくて中はもちっとしたプリンのようで…しかも 材料がいつも家にあるものというのもポイント。そしてすぐ できることもいいですよ。

忙しいときこそちょっと おやつとか作ると子供もよろこぶし、自分にとっても「忙しいで終わっちゃった感」が少しやわらいで よいです。

Dsc07112_3 いつも使っているプリン型は、夫がまだ小学生の時からお義母さんがつかっていたのを、譲ってもらったもの。ところどころ、角がつぶれていたりして…年季(40年経つかな)がはいっていて気に入っています。

時間がたってこその良さがここにもあります。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | HOME |