BUTTONな暮らし

陶芸家(夫・中平美彦)の作品紹介、私の陶ボタンの仕事について、毎日の暮らしのなかで感じたこと・見つけたことなど 綴っていきます。

--.--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008.05.24.Sat

巣立ちの季節・シジュカラ

2008シジュウカラ巣箱の中


これは シジュウカラの巣立ったばかりの巣箱の中。

前にこのブログで書きましたが
無事うちの巣箱に引越ししてくれまして
昨日 無事4羽のこども達が巣立っていきました。


それまでは すこしでも 巣箱に近づくと
親達は威嚇の鳴き声をだし、毎日せっせ・せっせと
エサをはこぶのです。

刺激しないよう それまで「雪囲い」もはずせずにいました。
2008雪囲い
(こんな感じで家をかこみます)
 
さすがにこの季節になって
雪囲いをしている家があるはずもなく
ちょっとばかり 恥ずかしい気がしないでもありませんでしたが
ひなが巣立つまでの辛抱ということでした。


ふと威嚇の声がしなくなって静かになったなと
家族の誰もがそれぞれ気がついたとき
空をみると 頼りなげな小さなシジュウカラ。


よかった~という安堵感。
(それからあわてて夫と雪囲いをはずしました)

それから巣箱の中をじっくり拝見。
どっさり水コケが敷き詰められ
その上には ふっかふかのベットが獣毛などでできていました。
触ってみましたが 分厚いフエルトといった感じで
よくできていました。

皆で感心することしきり。すごーい!


必死で生きていた証を
こんな小さな巣箱にみることができました。


スポンサーサイト

コメント

2008.05.25.Sun

No title

大切に見守って来た甲斐がありましたね。巣立って本当によかったです。とても優しい気持ちが伝わってきます。 
2008.05.25.Sun

No title

じつのところ、うちのだんなさんの方がずーっと大事に思っていました。すごく鳥好きなんです。巣箱のなかは 本当に感動で、あの小さなくちばしでよくぞこんなに大量のモノを運んだかと…。いつもコメントありがとねv-238

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://slowon.blog103.fc2.com/tb.php/103-5f0747e9

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。