BUTTONな暮らし

陶芸家(夫・中平美彦)の作品紹介、私の陶ボタンの仕事について、毎日の暮らしのなかで感じたこと・見つけたことなど 綴っていきます。

--.--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011.11.23.Wed

押忍!手芸部と豊嶋秀樹。21世紀美術館。

手芸部長さんから
招待状をいただきました。


本日2111.11.23から金沢21世紀美術館ではじまります
『押忍!手芸部 と 豊嶋秀樹『自画大絶賛(仮)』


の手芸部長・石澤彰一さんからです。(2112.3.20まで)




出会いは偶然、石澤さんの奥様が夫の東京でのうつわ展に
立ち寄ってくださったことから。

 

先日も直々、この招待状をもってきてくださったというわけです。
見るからにアーティスチックな方で
でも穏やかそうなステキな方だと夫がいっていました。
 


展覧会は
もちろん楽しみなのですが
我が家にも遊びにくるようお誘いしたと聞いて
密かにドキドキしている私です。
(夫は時々ドキドキするお客様を呼んできます。否、呼んできてきてくれます、か^^)



この展覧会の概要をよむと
細々ながらモノつくりをしている私も
耳の痛いことが書いてありました。
 


「~略~自由であるはずの創作活動にまで、
 私たちはマニュアルを求めていないでしょうか。
 つくること、つくるものに対して理由や評価の基準を求めていないでしょうか~略~」



きっと
「創作活動」を他の言葉に置き換えてもいいのでしょうね。




以下、金沢21世紀美術館HPより抜粋


概要
効率や分かりやすさを優先する現代社会のなかで、自由であるはずの創作活動にまで、私たちはマニュアルを求めていないでしょうか。つくること、つくるものに対して理由や評価の基準を求めていないでしょうか。高度な技術をもつ「部長」石澤彰一が、手芸の経験や技術をもたない「男前部員」と結成した「押忍!手芸部」は、「不器用上等!」を宣言し、技術やルールより、個人のつくりたい気持ちやつくる楽しさを尊重する活動を続けてきました。7人の部員を中心としたユーモアあふれる伸びやかな部活動は、ものづくりに当たり前のように横たわる既成概念を、鮮やかに覆してみせます。
デザイン、アート、音楽、イベントプロデュースなどジャンル横断的な活動で注目されるアーティスト、豊嶋秀樹は、人や場との出会いを表現の出発点とし、モノや人、場との関係から、次々と新たな出来事を作り出してきました。従来の枠組に収まらない多様な活動は、媒介者でもあり表現者でもある豊嶋独自の視点で組み立てられています。
本展では、「押忍!手芸部」と豊嶋秀樹が初めて出会います。豊嶋は「押忍!手芸部」の精神を読み解いて展示空間を構成し、「押忍!手芸部」はその空間で部活動を展開します。

押忍!手芸部 教訓一つ、余計なことは考えない。
一つ、完成図やデザイン画を描かない。
一つ、型紙を作らない。
一つ、計りは使わない。
一つ、待ち針を使わない。
一つ、まっすぐ縫おうとしない。
一つ、他人とくらべない。

関連プログラム 参考画像:
押忍!手芸部 「エレキミシン・ライブ」 2010年
(gg Lock Art Festival, スウェーデン)
■豊嶋秀樹によるギャラリー・ツアー
[日時] 11月23日(水・祝) 17:00〜18:00
[集合場所] 金沢21世紀美術館 レクチャーホール
[料金] 無料(ただし、本展観覧券が必要)

■「押忍!手芸部」部長によるエレキミシン・ライブ
エレキミシンを使って、部長が即興で作品を制作します。
[日時] 11月23日(水・祝) 18:30〜19:00
[集合場所] 金沢21世紀美術館 レクチャーホール
[料金] 無料

■部活:3日間連続ワークショップ
★シーズン1:12月16日(金)17日(土)18日(日)
★シーズン2:12月23日(金・祝)24日(土)25日(日)
★シーズン3:3月16日(金)17日(土)18日(日)
1日目は18:00開始、2、3日目は14:00開始。各回1時間半程度(各シーズン共通)
※ 各シーズンとも3日間連続のプログラムとなります。
(内容はシーズンごとに異なります。当日、部長が発表します)
[会場]展覧会場内・部室
[対象]大人、大人と子ども(はさみを使えること)
[定員]50人(申込先着順)
[持ち物]はさみ(布や糸を切ります)、部費
[部費]1人3900(サンキュー)円(3回分の材料費込)※友の会メンバー:3400円
[申込方法]お申し込みフォームまたは往復葉書にてお申し込みください。
※お申し込み方法などの詳細は各シーズンのリンク先詳細ページをご覧ください。

■クロージング・イベント: 押忍!手芸部 と 豊嶋秀樹
[日時] 3月20日(火・祝) 16:00〜18:00
[会場] 展示室内
[料金] 無料(ただし、本展観覧券が必要)

■学芸員によるギャラリー・トーク
[日時] 1月7日(土) 18:30〜19:00 / 2月18日(土) 18:30〜19:00
[集合場所] 金沢21世紀美術館 レクチャーホール
[料金] 無料(ただし、当日の本展観覧券が必要)

■絵本を読もう
[日時] 未定
[対象] 子どもから大人まで
[料金] 無料
スポンサーサイト
2011.11.21.Mon

さつまいもケーキ

201111oimoke-ki

日曜日は
午前中に遠方からのお客様。
午後からお友達がきてくれたので
季節がらこんなお菓子を焼きました。



さつまいものケーキ(そのままの名前)



さつまいもを牛乳で煮てから
砂糖・卵・小麦粉(ほんのすこ-し)をよく混ぜたなかに
混ぜて焼きました。



さつまいもを潰しすぎないのが
食感も楽しめていいようです。



娘も気に入ったようで
あっという間になくなりました。



介護の仕事は少し慣れた分
また違った緊張が生まれてきて
重い気分です…今日はこちらはお休み。
今日はボタンの仕事日です。



あ~~
おいものお菓子、つくろっかな~~(少々逃避してます)


<炭化白釉しのぎ小皿>

2011.11.17.Thu

重宝するのは。。。

201110ninnjinn

とても忙しくなって
とても重宝いているのが
少し保存のきくモノ達です。


ピクルスや

先日の
炒り豆の酢漬けもお味がまろやか~になって
またまた 美味しい

写真のは
人参だけ塩もみしてオリーブオイルをかけておいたものを
その日、切った野菜にのっけて。
ちょっとした時間差がおいしい気がします。



それにしても
1日外で働く日の時間のたつことの
早いこと、早いこと。
あっというまに寝る時間です。
朝がくるのが惜しくって
頑張っておきているので(正確にいうと夕食のあとちょっと寝てしまいます)
少々寝不足で
娘の送迎(学校や病院やら)の待ち時間に
バク睡しております。



「つくる」仕事との両立はまだまだです。
トホホ。。。


<炭化白釉だえん皿>



2011.11.13.Sun

秋の。。。。

秋の風物詩と申しますか。。。



この時期に
気をつけなくてはいけないのは



「イノシシとの遭遇!」



娘の送迎時はとっぷり暮れていますので
我が家へあと数キロというときには
ハイビームで気をつけながら走ります。


早くも
先週、ニアミスしました。



斜め前方からやってくるのが見え
スピードを少し落としていたら
反対車線から車が。。。。


間一髪!のところで
いのしし様は無事のようでよかったのですが
大きな事故にもつながりかねないので
ヒヤヒヤものです。


そうそう
昨日も手作り展を終え
今日は工芸館のほうへ搬出にいき


夫も
日本橋三越で頑張っている様子。
(来て下さる皆さま、本当にありがとうございます!!)


少しずつ
今年の予定がおわりに近づいていますね。
あと少し。。。
いろいろなことが
無事にすすんでいくことを願うばかりです。


そんな中
早々、風邪をひきました。
いいことないので
みなさんもご自愛くださいませ。

2011.11.07.Mon

日本橋三越でうつわ展。金沢で「手作り展」

201111toriniku

今年もあと2月。
11月のイベントのお知らせです。



「手作り展」

 11月8日(火)ー12日(土)10ー18:00
    
   金沢市光が丘3-118
      (金沢国際ホテル近く)
      
    今年で26回目!の手作り展。
    私は8・12日おります~



「中平美彦 陶展」
 
11月9(水)-22(火)
       
    日本橋三越本店 5Fリミックススタイル 




夫は
先日3日に恵比寿での最終日を終え 搬出し
4日の早朝、私が出勤する前には帰宅。

5、6日は二人で作品の整理
洗濯アイロンも大急ぎで終え(なにせ2週間分の用意がいるので)
7日お昼にはまた東京へ出発していきました。



私も先月25日の初仕事(介護の)以来
休みがないのですが
(よくとれば 丁度、いい具合に仕事があるということですね)

夫もそう。。。
疲れたような感じはしても
けっしてそう 言わないので
私も一緒になって頑張る!。。。そんな感じです。
でも
ちょっと弱音をはかせていただければ
やっと覚えたことを
他の仕事をしている間に忘れやしないかドキドキしていて 
何ども思い返したり
メモを見返したり(覚えが悪いので超めもってます) 
妙な緊張がとれずにいます。
正直、胸が苦しい~~って感じです。
なので あすの「手作り展」は気分転換になるかなと
期待して店番してきます。
人生の先輩達が多いイベントですので 
のんびりな感じもいいかなっ。


さきほど22時、夫から電話。
談合坂から。
仕事の用件2つ。
さき先のこともいろいろ心配してるのが
わかる電話でした。


12月はちょっとゆっくりできたらいいなって思います。



::炭化白釉まる皿 とりのクリーム煮
          この場合、生クリームは動物性がよいです。
          そうじゃかったので 失敗な味でした。トホホ。。。



2011.11.01.Tue

個展に持っていってもらった保存食2

201111omame
今回の
夫のための「遠征用保存食」


煎り大豆の酢醤油漬け。


大豆と切り昆布、人参、生姜でつくっています。


お豆はもちろんおいしいけれど
生姜のぴりぴり感がなんとも美味しい~ので
ちびちびとつまんでしまいます。


煎り大豆といっても
オーブントースターで10分焼くだけ。


忙しいので
こんなオカズをつくっておくと
とりあえず1品があって気持ちにも余裕をつくれます。


参考にしたのは
石澤清美さんの「おいしい手作り保存食」です。

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。