BUTTONな暮らし

陶芸家(夫・中平美彦)の作品紹介、私の陶ボタンの仕事について、毎日の暮らしのなかで感じたこと・見つけたことなど 綴っていきます。

2011.10.28.Fri

恵比寿三越!

201110kanure

今日からはじまりました~
恵比寿三越でのうつわ展。
秋真っ盛り よろしかったらおでかけくださいませ。。。



中平美彦 陶展

10月28日(金)-11月3日(木)

   恵比寿三越1Fクロスイー (TEL:03-5423-1183)
    
       11:00~20:00
          

--------------------------------------------------------------------------------

おやつなにか作って…といわれて
時間もなにもなかったので
「カヌレもどき」をつくりました。


小麦粉・卵・砂糖・牛乳だけの材料です。


プリンの型で焼いてます。


それから
個展のお知らせが今日になってしまった言い訳。
実は
ブログでもなんどか
学校に行ってるとかいたりしていましたが。
介護の学校に行っていました。



月曜日採用決定して
火曜から「デイサービス」に行っていたのでした。
(今週は明日まで。これからは一応、週3~4日で)
さすがに頭いっぱいで…。
家事はいつもどおり、
掃除も朝ごはんの前にすませてと頑張っていましたが
ブログ更新まではできませんでした。
時間というより
頭の切り替えができないんですね。
もう少したてば リズムをつかめる…予定です。
「作る」仕事とこの仕事、なんとか両立していきます!


余談が長くなってしましました。


::白釉たたらまる皿 S
スポンサーサイト
2011.10.17.Mon

秋の養生

201110ninnjinn2

薬局においてあった
フリーペーパー(self doctor)を読んでいたらこんな記事が。



東洋医学では


秋は
夏の疲れを癒やし 冬に向けて蓄える季節といって
その時に
特に「乾燥」に気をつけなくてはいけないらしいです。



この時期、風邪をひく人がおおいのも
肺の「水」と「血」が不足するため
咳がでたり のどの痛み・腫れ・肌の乾燥もあらわれるというのです。
(呼吸器と肌が密接に関係しているという感覚がありませんでした)



肺に潤いがないと免疫力が下がって風邪をひきやすくなるので
こんな
「秋の養生」をすすめていました。


①白い食材を食べる 
 白い食材は体を潤すをかんがえられているので。

 なしが最適。山芋、温かい豆腐、白きくらげ、大根。。。


②呼吸は鼻呼吸
 乾燥した外気でも
 鼻の粘膜を介して肺に送り込むので 潤いが増す


③塩水でうがい


そして
へ~っと思ったことは
「エネルギーの無駄遣いに注意」とな。



夏が終わったからと 激しい運動をしたり
気ぜわしく動き回るのは 秋には不向きとのこと。
(新陳代謝が落ち始め 体内の機能が低下していく時期)
そうすると
エネルギーを発散しすぎてパワー不足になるので
季節の変わり目に体調をくずす人が多いのか~と納得。


だから
夜は早く寝て朝も早く起き 
ゆったりとすごすことが大切のようです。


この時期にケアができれば
寒い冬もいきいきとすごせるんだそうです。


ちょうど
テレビで紹介していた「梨と人参のナムル?」を作って
おいしい~と思っていたのですが
体も欲していたんですね。


それに 私は
秋に欲張っていろいろするので。(でも 過ごしやすい時期にそうなるのは仕方のないことかとも…)
冬に疲れがでるというのも
理由がわかりました。



早速
のどに乾燥を感じたのでマスクを着用の私。(朝だけね)
これは風邪を予防できるなという感覚をもちました。



「梨と人参のナムル」も
簡単で美味しかったのでお薦めです。



梨 0.5~1コ
人参    1本

人参を塩もみしておく。ナシは角に切る。
それらをごま油・酢であえる。
以上!



:: 炭化白釉 鉢





2011.10.15.Sat

たまには きちんと。

201110pound

今まで
何ども作ってはいたけれど



ちゃんと本をみて
しっかりすみずみまで読んで
それから
作ってみようという気持ちになって



作ってみました。パウンドケーキ。



お砂糖も減らさず
名前の由来どおり(1パウンドは約450g ここでは100gずつ)
砂糖・粉・卵を同量で。



混ぜ方やら
保存のしかたやら
小さな箇所で取りこぼしがあったことに
改めてほっほ~ときづく。



いい加減な性格にも(知ってはいますが。。。)
よくよく気づかされました。



やっぱり 



美味しい。
(完璧とはいえないでしょうけれど)
今までのとはぜんぜん違う~~。



しっかり甘いので
「山栗」をちょっとゆでただけのものをいれ
(よく甘露煮をいれると聞くけれど)
型は
昔から好きな小さいパウンド型に入れて焼いたのは
やはり 自己流ですが。


こんな気持ちになったのも
「食欲の秋」のせいですね。。。。



::炭化白釉三角皿・炭化白釉カフェオレ碗
 けちって
 薄く切ったからか 美味しそうにみえないな~~



。。。。。



仙台にいる夫からの電話。
声がとても元気でした~^^
去年
来てくれたお客さんにたくさん会えたからみたいでした。
ホントニありがとうございます。

2011.10.13.Thu

来仙メール。

今日からはじまります。
仙台三越 中平美彦のうつわ展。



仙台に住む夫の大学時代の友人から来仙歓迎メール。
これを読んで あの時の感情を思い出しました。
(思い出すという表現ですいません)



その友人が東京の方と話したとき
あの地震を
すでに過去のことと捉えていると
言葉のはしはしに感じたそうです。


街は
すっかり元の雰囲気ではあるけれど
「本当の被災地」は復興がまったく進まずはがゆい思いをしているそうです。



。。。。是非、現地を見ていってください。
    そして 忘れないでください。。。。



その来仙歓迎メールにあった2行がずっしりときました。



夫はなにを感じて帰ってくるんだろう。
2011.10.12.Wed

伝統産業工芸館でボタン展。

201110botann

石川県伝統産業工芸館での
ボタン展に参加しております。 →『ボタン! ぼたん! Buttons!』


兼六園にあるのですが


数年前までは 
1年間に伝統工芸を4つほどじゅんぐりじゅんぐり展示しているような
地元の人にとっては
またっく面白くない場所だったらしいです。(いついっても一緒という意味で)



で 
今の副館長さんは
とにかく1ヶ月毎に企画展を考えて
一生懸命工芸をもりあげようと情熱的な方で
それを実行していらっしゃる。



一緒に展示されてる面々は
ご一緒させていただいて申し訳ないような方々ではありますが
私のような細々やっているような者にも
ヒカリをてらしたいということで
今回の展示となったわけです。



小さな売り場ではありますが
1階でのボタンの売れ行きも上々のようで(1階は無料、2階の企画展は有料になります)
追加納品をさせていただくことになりました。



ボタン作りに関して
いろいろ悩んでいるところですが
すこし元気をいただいた感じです。



関係者の方々 ありがとうございます~



ボタン展は10月いっぱい開催しております。


:: 陶ボタンの髪留め
2011.10.10.Mon

仙台三越でうつわ展です~

201110ika

延期になっておりました仙台で個展です!

よろしくお願いいたします~


--------------------------------------------------------------------------------

陶うつわ展[中平美彦の炭化白釉のうつわ]

2011.10.13(木)-19(水)
        10:00-19:00
     
     仙台三越 本館6F 
     リミックス・スタイル(直通022-221-8339)                  
    
                  夫は毎日来場しております


--------------------------------------------------------------------------------


震災2ヶ月後の5月に予定しておりましたが
やはりできず・・・・今月の開催となりました。



先日、仙台の方からお電話をいただきました。
「楽しみにしていたのよ~」っと。
嬉しい再会になることでしょう。



夫もまた
いろいろな思いで仙台に向かうことでしょう。



。。。。。



明日 仙台にむけ出発するのですが
今日は窯たきをしている夫です。



前回の個展からもどって5日おいての出発。



さすがに疲れた感じではありますが
「疲れた」とはけっして言わない主人。



そう言ってしまうと
ほんとに疲れがどっとででしまうのをおそれているかのようにも思えます。



国立では食欲がなかったというので
私はせめて
せっせとよろこびそうなゴハンをつくることしかできません。



そうすると
ついつい「居酒屋メニュウ」になってしまって
体にはどうよ。というような献立になっていたここ数日間でした。
でも「いかめし」はよかったかな。。。
ちっちゃい 
人差し指ほどのやりいかにちょこっともち米をいれて。




:: 炭化白釉小皿
2011.10.03.Mon

いざ 小松へ!(出不精なんで いざという感じです)

先日は
小松のレアールさんまで友人といってきました。
→ デリカテッセン・レアール


というか「連れていって~」とお願いして。



レアールさんは
金沢の人のブログをみていると
よくよく登場するおいしそうなデリカテッセンのお店。


ずーっと行ってみたいなと思いつつ
金沢市内でも行っていないところばかりの私。


その友人がうち個展へ
レアールさんのFUKUさん達を連れてきてくれて。。。
こんな彼女のお店(ダンナ様がシェフ)なら是非 いってみなきゃ!と。
やっと腰があがった!!


いやー


いい感じ。いい感じ。
なんといっても美味しいし。
小さいながら あったかーい雰囲気の店内。
ダンナ様もちょこちょこ出てきてくれて
ご夫婦で「歓迎」してくれてるほわっとした気持ちが伝わってくるような
居心地のよい そんなお店でした。
友人と2時間位はいたでしょうかね。。。


あいにく
娘のお迎えが早い日でしたので
時間も気にしつつでしたが


その日は近くの
吉田ベーカリー(パンの焼き色が素敵だった。お店前のそば畑がきれいでした。)
エチュさん
加賀棒茶のお店(500円でお茶たっぷりのめて美味しいお菓子付き。FUKUさんお薦め)

もりだくさんまわってくれました。


なにより
おしゃべりがたくさんできて楽しかった。嬉しかった。


ということで
こんな楽しいことは
どうしても主人の個展中になってしまい
なんとなく申し訳ないような気持ちになってしまうのですが
(主人はなんとも思わないだろうに 勝手にそう思っている不器用な私です)


これで
自分が元気になればよしとしようと思うことにします。
これから。。。


いつか
主人ともいっしょにレアールさんに行きたいな。





 | HOME |