BUTTONな暮らし

陶芸家(夫・中平美彦)の作品紹介、私の陶ボタンの仕事について、毎日の暮らしのなかで感じたこと・見つけたことなど 綴っていきます。

--.--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009.02.24.Tue

新潟三越個展終了・ありがとうございました

200901 poteto

昨日で今年はじめての新潟三越さんでの個展
無事終了いたしました。


雪の日が多かったのですが(当たり前ですね)
その中で足をお運びくださったお客様
ありがとうございました!
また Jスピリッツの方々 たいへんお世話になりました。
ありがとうございました!


それから
さすが新潟お酒どころ。
三越さんのお酒コーナーの充実さには感動したこのことです。
やはり それに関連してか徳利・ぐいのみがよく売れたようです。


昨日は最終日・搬出でしたが
搬出時間が夕方はやくということもあって
昨日のうちにうちに我が家に到着していました。


ちょっと疲れて顔がむくんでましたが
とても元気な様子で安心しました。


新潟でも
良い出会いができたんだなぁと感じられる顔つきでした。


新潟のみなさま、ありがとうございました。



<炭化白釉まる皿・家でじゃがいもを揚げると子供はとってもよろこびます
  少し水にさらして 低温からじっくり揚げます>







スポンサーサイト
2009.02.20.Fri

白釉はし置きー試作

2009 hasioki

試作の箸おきです。


ごくごくシンプルに(少しおおぶり)
「夫の白釉」のイメージにあうような感じを
思って作ってみました。


まずは自宅でつかっています。


なかなか良い具合なので
ちかいうちたくさん作る予定です。



…穴のあいているのは
 そこに スプーンやフオークのおしり?がうまくすわって くれて
 使い勝手もまずまずかな…
 

…ボタンもやらなくちゃと焦ってますが。



<白釉はし置き>
2009.02.18.Wed

風邪退治鍋 黒釉土鍋

200902 donabe

三寒四温とはいうものの
この頃の気温の上下のはげしいこと。


この冬も風邪をひかずにいけそうだななんて
思っていたのですが 昨日はちょっとうっかりしてて。


工房の中がどんどん寒くなっていっているのに
気が付かないくらい集中して仕事しているうち(ちょっと楽しい作業で)
すっかり体が冷え切ってしまったのでした。


気がついた時点から「ゾクゾク」した感じがとまらなくなって…


それで
「今晩は風邪退治鍋だ~」ということにしました。


その前の晩、布団の中で
山本ふみ子さんの「食卓の力 繰り返しを楽しむ暮らし」晶文社を
久しぶりに読んでいて でていた「風邪退治鍋」。
ネーミングがそのまんまでかわいいな、今度風邪ひきそうになったら
この鍋にしようと 思ったばかりだったのです。都合のよいこと。


…本の副題「繰り返しを楽しむ暮らし」…なんだか 好きなフレーズ


主に豚バラ肉と白菜というなんということはない材料ですが
にんにくと生姜をどっさりいれるところがポイントといえばポイントでしょうか。
お味は塩。(我が家ではこしょうも)

あとは「これは風邪退治鍋なんだよ」と念をおすところでしょうか。
子供達は
「なにいってるんだ、おかあさん~」って顔してました。


生姜もにんにくもいただいて 体もホットに。
その前にしっかり半身浴もしましたよ。
(こういうときは なかなか体があたたまらないので 疲れないうちにでました)


とにかく
風邪をひいている場合ではないので
なにごとも軽症のうちのお手当てが大事ですよね。


今日はちょっと頭痛がしますが
ゾクゾク感はすっかりとんでいます。


さて今日もがんばりましょう~



<黒釉 土鍋・サイズいろいろあります>









2009.02.17.Tue

甘いもの・甘いもの…「新潟三越中平美彦うつわ展」初日で~す!

200902 rinngoyaku

また雪…


朝の見送り時(息子の)のひやひやの中…


ストレスが頂点にのぼると
甘いモノを口にしたくなりませんか?


ひやひやの中にあって
家に「なにか甘いものあったかなぁ」と
考えつつ運転をしていました。


なあんにもない。
傷ありりんごしかない。


で、
スライスして・バターで焼いて・お砂糖パラパラ。
ちょっことしっかり焼いて 砂糖をカラメル状にして。


コーヒーと一緒に1個たべて
ひやひやないやな気分を忘れました。


あ~単純。
でも 雪道運転はホントにこわいので…こうしてやりすごしていくしかないですね。





今日は新潟三越さんでの個展初日です。
みなさま よろしくお願いいたします。


新潟のほうは雪はどうでしょうか。


<黒釉角皿・ちょこっと盛って アイスクリームとか添えたらいいんでしょうけれど
  てんこもりデス>
2009.02.16.Mon

新潟三越 中平美彦・陶うつわ展

200902 yotuba

明日2月17日(火)より
今年1回目の個展がはじまります!


今朝方、出発して
そのまま 搬入にかかるそうです。


新潟での個展ははじめてなので いろいろとちょっと心配。




中平美彦 陶うつわ
2009.2.17(火)-23(月)
新潟三越 6階Jスピリッツ
       10時~19時(20日金・21日土は1930まで)


終日 夫は店頭におります。
お近くのかた、どうぞおこしくださいませ。
よろしくお願いもうしあげます~!



今日の写真は
昨日、夫と娘が散歩にいってとってきた四葉のくろーばー(全部!)。


これにあやかって
今年一回目の個展がうまくいきますようにと願うばかりです。

2009.02.14.Sat

静かな2月14日

2009paichoko

昨日はとーっても暖かい1日でしたね~。


春って
こんなんだったかなって確かめながら
あたたかい風を感じました。


この感じ 忘れてましたよ~という具合。


また来週は雪が降るらしいですが
あったかいのと
寒いのと
うまい具合に交互にやってきて
心と体が疲れすぎないようになっているんだよな~
有難いことだと思いました。


今日はバレンタインデー。
学校があるのにチョコもらえないより
なくってもらえないのは
まだよかったよね~とへんななぐさめを息子にはかけて
みましたが
静かなバレンタインデーでした。


娘も最近はチョコに奮闘していましたが
あげるということよりも
つくるという行為が楽しいらしく。


本当にホットなバレンタインデーは
またいつの日か
我が家にもやってくるのでしょうね(か?)…



< 娘作・パイシートをハートにかたどって チョコをはさんで焼いていました
   もうひとつ 溶かしたチョコにパン粉をまぜて まるめたのもサクサクしていて
   おいしかった~>



2009.02.13.Fri

最近のおきにいり器・しのぎ小皿

200902sinogikozara

最近とくに気に入ってつかっている器。


しのぎ模様・色・大きさ・焼き具合のバランスがしっくりいって
良い感じ。


なんでも ちょっことのせてつかっています。
(写真のレモンは今年我が家での初収穫のとても小さなやつ。
 なので お皿が大きくみえちゃうかな。径は10センチくらい)


来週から夫は新潟三越で個展です。


留守中、夫のひいたお皿に
私はこのしのぎを頑張ってやる予定にしています。
良い感じにしあがるように 細部にきをつけて。


「神は細部に宿る」という言葉が頭をよぎる時です。


「神」とは完璧なるものの例えで
自分の中で厳しく自分を律するときの戒めになる言葉であったり 
いろいろな解釈があるようですが


こまかい作業のときは
いつもこの言葉をそのままとなえるように。
ちいさな細かいところも大事にしようよと。


なーんて
かなりいい加減な私自身への戒めですかね、やっぱり。




<白釉しのぎ小皿>



2009.02.11.Wed

真子の煮物

200902makononimono

結婚して今年で20年になります。
まだまだ 知らないことあるんだよなぁとあらためて思った
夕ごはんのおかず。


真子の煮物。


魚の煮付けはあんまり好まないのを感じているせいか
これはきっと食べないだろうと
勝手に想像していて
結婚してこのかた作ったことがありませんでした。


でも一緒に買い物している時
なにげに聞いてみるとそうじゃないことが判明。


子供の頃に好きだったということも…


勝手に想像して
勝手に気をつかったり
こんななんでもないことが
今頃わかったりして…


なんだか おかしかった…


真子は おいしかった!
(北陸ではたくさん売っていますね~)



<真子をえのき・しいたけと炊きました in アフリカンdish ちょっと前の作品
  また再開してほしいな>




2009.02.10.Tue

冬の部屋

200902fuyunoheya

冬になると
我が家の居間は
ぐるりとカーテンを内側からも囲んじゃって
「あなぐら」のようになります。(天井から床までの長いカーテン)


よく言えば
風通しのよい家なので
すこしでも暖房費の節約になればと
いうことからはじまりました。


だから
朝ごはんを食べていても(常にカーテンぐるりの状態ですので)
昨晩の夕ごはんの続きをとっているような錯覚に
落ちるときも多々あります。



朝のすがすがしさを感じられず
慣れるまでは少々つらいのですが
慣れてくると妙な安堵感のようなものまででてくるので
不思議です。


「あなぐらはいいねぇ~」とまで。


立春もすぎ
そうこうするうちに
カーテンを通しても 
日の光を感じる時間がちょっとづつ
増えているのを感じるようになりました。



暖かくなって
このカーテンを全部取ってしまうのが
今からの小さなお楽しみです。


まだまだ 先かなぁ~



<この部屋でいつも写真を撮っているから
 私のブログの写真は暗いと言い訳
 それはホントに言い訳
 ~ちゃんと写真とれるようになるのが ことしの目標のひとつデス>
2009.02.09.Mon

こんなの作れるおばあちゃんになれるかな

200902hosigaki

シュトーレンの君(1月18日の記事登場の)からの
いただきもの
縦3・5センチほどの小さなかわいい干し柿。


外側はきれいな白に仕上がっており(写真がいまいちなのできれいさが足りません)
中身はそれはそれはきれいな柿色。


一口いただくたび
切り口をみてしまいたくなるようなお味と色身。


84歳のおばあちゃんが作ったものだそうです。


こんな干し柿がつくれるおばあちゃんになりたいなと
突然思ってしましました。


丁寧に暮らしてきたであろう
この干し柿の作者に思いをはせる午後のおやつでした。



<干し柿in白釉角皿・いろいろな大きさあります>







2009.02.04.Wed

昨日は「立春の前の日」

200902makizusi

節分というより
「春」という字をつかいたくて
タイトルは「立春の前の日」


…寒くても
どこかしら
なにかしら 春の気配を感じるようになりましたね。


節分には太巻きを
今年の吉方に向かって無言で切らずに食べるというのが
はやっているらしいですね。(関西発祥のようですが)


どうもピンとこなくって
でもそれを口実に巻き寿司を夕ごはんにするのもいいなと
いうことで昨日はまき寿司をつくりました。


時間に余裕がなかったのもあって
具は簡単はモノばかりで。


ウインナー・きゅうり・キムチ・ツナ・ほうれん草・納豆など
で。


一番人気はキムチ納豆でした。
子供達は細巻きを1本まるごとハヤリにのって食べていましたし
結局ワイワイしながら食べられて
巻き寿司を作って よかったなと思いました。



そうしたら「豆まき」をすることをすっかり忘れていて…


今晩やってはいけないでしょうか…




<巻き寿司in炭化白釉角皿…いまいちきれいに巻けてなくって…彩りもよくなかったと反省;>






2009.02.03.Tue

息子のつくる…その2

200902pasuta
1日おいてまたパスタのお昼ごはん。


息子の高校では
受験日にあたる今日明日は休校で
家にいるのです。


今日はミートスパゲッテイをつくってもらいました。


たまねぎ・ひき肉・トマトのホール缶で。


トマトケチャップ主体のも懐かしくっておいしいけれど
こちらのほうがさっぱりしていて おいしいな…。


それでも
ホール缶は5.6分煮詰めてから使うので
コクもでていて いい感じに仕上がっていました。


パスタが続くっていうのも
辛いものがありますが
こんな時もそうそうないので
よしとします。

やっぱり作ってもらうって嬉しい~




<ミートスパin白釉丸皿>
2009.02.02.Mon

息子のつくるカルボナーラ

2009karubona-ra
いつの間にか 2月です。


はりきっちゃったスタートダッシュに早くも失速の月末 数日間。


多少は
寒さのせいにしてもいいだろうかと
少し自分をかばったりして
2月がはじまりました。


とにかく
1月ありがとう。
(dots memo様のお言葉、今年もお借りいたします)


今年はHPをちゃんとしようと
おうち仕事も頑張っております。(とりあえずまた見られるようにはなりました)
私も夫も得意でないので たいへんなのです…


昨日の日曜日も一歩も外に出ず…

そんなときに嬉しいのが息子が作ってくれるパスタのお昼ごはん。

よく登場するのがカルボナーラ。


私のいままでの感覚だと
生クリームは必須という感じでしたが
息子のつくるのは生クリームなし。


パスタ本でレシピを選ぶ際、
経済的にも健康的にも生クリームなしのレシピを
選ぶよう なにげに 誘導はしましたが


でも充分ととろーりおいしいのです。


カロリーオーバーとおもいつつ
時々とても食べたくなってしまいます。


<カルボナーラin白釉丸皿>


 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。