BUTTONな暮らし

陶芸家(夫・中平美彦)の作品紹介、私の陶ボタンの仕事について、毎日の暮らしのなかで感じたこと・見つけたことなど 綴っていきます。

--.--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008.05.30.Fri

炭化白釉ごはん茶碗・レモンの花芽

2008レモン

うす桃色の花芽がたくさん落ちてしまいました。
数えたら103コ。

夫が3年程まえから 植木鉢でレモンの木を育てているのです。
去年の収穫は2コ。
今年は落ちてしまった花芽と同じ位の数の花芽がまだついて
いるので…ちょっと期待しているのですが。

それにしても 落ちた花芽のなんてかわいらしいこと。
落ちてしまったショックより
かわいらしさに夫と感心してしまいました。



ところで

先日、クニエダヤスエさんが
教育テレビ「おしゃれ工房」に出演されていました。

ご自宅の様子も出ていて
その引き出しの中に
夫作の「炭化白釉ごはん茶碗」がチラリ!(ほんの一瞬)と見えました。

たくさんの方が見ていたと思いますが
きっと そのお茶碗に気がついたのは うちだけでしょう。
でも とても 嬉しかった!デス。
2008飯茶碗

<炭化白釉めし茶碗・とても軽いと驚かれます。毎日使い、片手で持つ時間が長いということも考えて作っています。クニエダーZenセレクト商品のひとつです>
スポンサーサイト
2008.05.29.Thu

横浜SOGO・クニエダ-Zen

先日 クニエダヤスエさんの「クニエダ-Zen」に
夫の器を選んでいただいたことを少しお知らせいたしましたが
詳細をお伝えしたいと思います。

そごう横浜店にて クニエダさんにセレクトしていただいた
数点を展示・販売中です。
(ご飯茶碗・マイボウル・しのぎマイボウル・鉢など8アイテム)


そごう横浜店
6階和食器売場内 クニエダ-Zen
045-465-5571


そごう

このブログで5/20upした「きゃらぶきをいれた炭化白釉中鉢」が右端にうつってます


sogo2

写真提供(2点ともに):そごう


お近くにお寄りの際、みていただければ嬉しいデス!

2008.05.25.Sun

「大草原の小さな家」

2008レースフラワー

この頃のお気に入りDVDは「LITTLE HOUSE ON THE PRARIE」
…大草原の小さな家!

娘が借りたのがきっかけで
大人になってみたらどんなだろうと思ったのがはじまりでした。


アメリカのふるきよき開拓時代が背景で
視覚的にもゆったり・のんびりしていていいのですが

登場人物の夫婦の、親子の、隣人との会話の
なんともしみじみした感じがとてもステキなのです。
こういうものの言い方もあるんだよなぁと勉強にもなっちゃうのです。

生活はとても質素そのものですが
随所にみられる木の家具やカゴ・手編みのかわいい帽子・手縫いの服・ベットのキルトなんかにも
ついつい見入ってしまいます。


先日の巣箱の話のつづきのようですが
一生懸命生きている姿はみていて気持ちよく、励まされるものですね。



最近 娘は学校でエコの勉強をしています。
これを見るとその参考になるよなぁって思います。私も勉強になります。 


<散歩の途中でみつけたレースフラワー?>
2008.05.24.Sat

巣立ちの季節・シジュカラ

2008シジュウカラ巣箱の中


これは シジュウカラの巣立ったばかりの巣箱の中。

前にこのブログで書きましたが
無事うちの巣箱に引越ししてくれまして
昨日 無事4羽のこども達が巣立っていきました。


それまでは すこしでも 巣箱に近づくと
親達は威嚇の鳴き声をだし、毎日せっせ・せっせと
エサをはこぶのです。

刺激しないよう それまで「雪囲い」もはずせずにいました。
2008雪囲い
(こんな感じで家をかこみます)
 
さすがにこの季節になって
雪囲いをしている家があるはずもなく
ちょっとばかり 恥ずかしい気がしないでもありませんでしたが
ひなが巣立つまでの辛抱ということでした。


ふと威嚇の声がしなくなって静かになったなと
家族の誰もがそれぞれ気がついたとき
空をみると 頼りなげな小さなシジュウカラ。


よかった~という安堵感。
(それからあわてて夫と雪囲いをはずしました)

それから巣箱の中をじっくり拝見。
どっさり水コケが敷き詰められ
その上には ふっかふかのベットが獣毛などでできていました。
触ってみましたが 分厚いフエルトといった感じで
よくできていました。

皆で感心することしきり。すごーい!


必死で生きていた証を
こんな小さな巣箱にみることができました。


2008.05.20.Tue

きゃらぶきをたきました。in 炭化白釉鉢 「クニエダZen」

山ぶき(野ぶき?)をいただきました。

さっそく きゃらぶきを炊きました。
炭化白釉鉢 きゃらぶき


料理本は小林かつよさんのを参考にさせていただくことが多いのですが
これは栗原はるみさんの本を参考につくりました。

「もう一度、ごちそうさまがききたくて。」 文化出版94年 発行より引用

山ぶき1キロ
昆布10センチ
しょうゆ1.5cup
砂糖大さじ2
酒0.5cup
水あめ大さじ3~5


1.ふきを固めにゆでてそのまま 1時間ほどさらして皮をむき 4センチの長さに切る。
2.昆布だしをとる
3.鍋にしょうゆ1cupと水2cup、砂糖、酒を入れて煮立ったらふきをいれ25分煮る。
4.水あめを加えさらに15分やわらかくなったら火を止める。
5.そのまま2-3時間おき 味をしみこませたら 再び火にかけ しょうゆ0.5cupを加え
さらに15分煮てできあがり

今回は昆布がなくて 昆布茶を少しいれ しょうゆをきもち減らしました。(昆布茶はいろいろに使えて便利です)
お酒もなくってそばにあった 焼酎をいれてみました(効果の程は??ですがね)

材料がレシピ通りではありませんでしたが おいしくできました。
お茶漬けにしたら すご~くおいしいですよ。



また後日詳しくお知らせしたいと思っておりますが
このきゃらぶきを盛った鉢は 
前出のテーブルコーディネイター第一人者といわれている「クニエダヤスエ」さんが
気に入ってくださったものと 同じ鉢です。

SOGOで展開している「クニエダZen」の中にもいれてくださいました。
(現在は横浜SOGOで)

クニエダさんはずーっと磁器が好みでいらっしゃたそうですが
陶器にも目がいくようになったとのこと。
その一号が 夫の炭化白釉の器であったようなのです。

とても うれしく 光栄なことです。



<炭化白釉鉢・径は22センチ位・毎日のおかず鉢として重宝します>
2008.05.19.Mon

happy-famさんのブログでみつけた私のボタン

陶ボタンをおかせていただいている紗麻さんで
「写真展」が6月にあるとききました。

それで どんな方かなぁとその方のブログを拝見。

過去記事をさかのぼっていくと
ボタンがとてもステキにうつっていて びっくり!

自分が作ったモノが 自分から離れて
こうして写真になっていたりって 不思議な感じです。

happy-famさん、いい感じに撮ってくださってありがとうございました。

どうぞ ご覧になってくださいませ…
2008.05.18.Sun

食器棚をつくってもらって 前の食器棚をペイント

2008食器棚

昨日はずーっと変えたかった食器棚を夫につくってもらいました。
おとといまで 使っていた食器棚は
この家にもともと置き去りになってぼろぼろになっていたのを塗りなおして使っていたのです。


夫の職業柄 食器の数は多いので
たくさん置けるというのが一番のリクエスト。
あと経済的であること。


オレンジ色にみえるのは ベニヤ板(!)の壁を
引っ越してきてすぐ 塗ったもので これをいかしたくて板は無色に。
でも ちゃんと食器にもつかえる油をぬりました。
そして 木の長さは180センチあるので たくさんお皿をのせられます。


これで完成でないので また改良をかさねていくって感じデス。


その古い食器棚は居間でつかうことにして
息子と再ペイント。
色はオフホワイト。
食器棚の裏は粗末なベニヤでしたので 表を塗り終わった後、息子に
なに描いてもいいよといったら…
2008食器棚ペイント



絵ごころは小学生の頃と少しもかわっていなく…
小学生のように たのしそうに描いていました。(日付けは1日、間違いでしたね)

髪の毛が白髪まじりにみえるのは ペンキ。
(あとがとてもたいへんそうでした)

夫の頭も白髪まじり(若いときから)なのですが
息子のその姿をみると 後ろ姿がそっくりでびっくりしました。




<食器棚の白釉ひらひら鉢・横から見たフォルムがきれいです・見た目よりずっと安定感あります>

2008.05.16.Fri

やっぱり風邪ひいてしまいました 牛乳寒の出番

粉引き 牛乳寒


娘はやっぱり風邪をひいてしまって 2日間学校をお休みしてしまいました。

なんでもなくても作るときもあるけれど
こんな時は「牛乳寒」をつくることが多いかな。


手早くゼラチンで作るときがほとんどですが
今回は寒天棒から。
(夫のお土産・東京での個展の帰り道、諏訪湖の辺りに寒天の工場があって ちょっとくだけたようなのを安くうっていたらしく たくさん買ってきてくれました)


ゼラチンのスルッとした食感もいいけれど
寒天の独特の舌触りと味はなかなか 他の食品にはないものと
思っていて 子供達も大好きなのです。


分量としては寒天1本に対して水2.5カップ・牛乳2.5カップ・砂糖70g位。
砂糖なしにして アーモンドエッセンスを3,4滴たし、べつにシロップ(水2カップ、砂糖0.5カップ)をそそげば 「杏仁豆腐」ですね。


一時期寒天ダイエットがはやって
お店でなかなか買えない時がありましたね。




<粉引きカップ・昨日と同じ・ちょとしたおやつを食べるときにもいいですよ>



2008.05.14.Wed

なんだか寒い一日はココアかな?

2008ココア 粉引き


なんだか寒い日のつづくこの頃。
近所のかたの中には こたつを出したという人もいるようです。


小学校でも 風邪がはやっていて
うちの子も なんだか風邪をひいた感じ。


こういう時は あったかいミルクとかココアをつくってあげると
とても喜んでくれるようです。


鍋でココアの粉を少しのお湯ですりすりして
お湯と牛乳をいれ あわ立てるようにグルグルとよーくまぜます。

今のココアはそんなことしなくてもいいみたいだけれど
鍋でつくるというのが よりおいしくしてくれるような気がしています。


ココアはおいしいけれど 早く暖かくなってほしいデス。



<粉引きカップ/ココアのやさしい色みとよくあうと思うのですが;>


2008.05.13.Tue

天然の藤。

2008藤

今のところに来るまでは 「藤」というと
「藤棚の藤」しか 頭になかったのですが
ここでは 今の季節(そろそろ終盤かな)
あちこちの木にからまって咲くきれいな藤がみられるのです。


手をいれた「藤棚」もいいものですが
やっぱり この天然藤(手をいれていないという意味で)のキレイさには
かなわないと思うのです。


毎日の車のなかから
時々歩く農道で
「きれいだなぁ」っておもわず声にだしながら
眺めています。

2008藤 髪飾り


散歩の途中では 娘の髪飾りにいただきました。
娘は よくこうやって 花をさしたりするけれど
こんなにステキで豪華な髪飾りはほかにはないものです。



2008.05.12.Mon

母の日につくってくれた夕食・白釉ひらひら皿

昨日の夕食は 息子が作ってくれました
2008母の日2

パスタの本から 探してくれて
「スモークサーモンのフェットチーネ」と「ベーコンとジャガイモのソテー」を。


「スモーク…」のほうは 本のとおりだと 生クリームを600CC(3パック)も
使うというのです。(4人前)

私なら 生クリームを買うとき
まず「動物性」か「植物性」かで悩み(350円の動物性かか150円の植物性かで)
その上 1パック買うか2パック買うかでさんざん悩むというのに…

動物性3パックとは…


しかし 最近パスタ作りにめざめた息子のやる気を大事にしなくてはと
断腸の思いで そのとおり買わせていただきました。(今は本の通りでないとだめなのだそう)

とてもおいしくいただきましたが
なんといっても 高カロリー。私と夫は胃がちょっと辛かったかな~


しかも 息子本人「もう食べられない!」と残すので
それじゃあ せっかくつくってくれたのに…との思いで
私が残らず食べたので なおさらでした。

今日も一日 おなかの具合がよろしくありませんでした。


でも 作ってあげようという気持ちがなによりすごくうれしかったです。


今度は ヘルシーパスタをお願いいたしますデス。



<白釉ひらひら皿>
2008.05.11.Sun

食事会

2008樫


先日 「ako style」 の店主・あっこちゃんの呼びかけで
それに隣接している「カフェレストラン樫」で 食事会がありました。

出席メンバーはそれぞれ 紙漉き・陶芸・版画・編みぐるみ・アロマ・農業(あっこちゃんの妹さん)をやっている方(全員女性)とあっこちゃん・私の8人。


みなさん タフで頑張ってる~って感じで
いい感じでにぎやかな食事会になりました。

若い方々にまざって またさらに製作意欲もわき出てきました。


元気(若い?)なオーラを少しいただいた感じかな。
(ん~ ここでも私は最年長・私含め2人以外は独身・関係ないといえば関係ないのですがね))


がんばろーっと。



photo:カフェレストラン樫の店内
地元の方の野菜なども売っていたりで、地域密着型のレストランとでもいうのでしょうか。
うちの集落内でのはじめての商業施設です。レストランからは緑がたくさん見られます。
オーナーシェフはあっこちゃんのおねえさん。
2008.05.08.Thu

HPできました!!

2008


たしか…
「ホームページビルダーV9」を買ったのは2004年…(V10がでた時は焦りましたが)

それから いつも頭のすみっこのほうで気になりながら
手をつけずにいたHP作成…


やっと、やっと できました!

この連休で 夫と二人で(ほぼ夫ではありますが)
一気にやりました。


まだまだ完璧とはいえないし HP上で買っていただくこともできませんが
少ーしずつ 少ーしずつ 進化していく様を見ていただければと…
(例えば 家とかも完成したのをみるだけより 
出来上がっていく過程をみるのが楽しいんじゃないなかという感じで)

ひよっこの状態ではありますが お知らせすることにいたしました。


このBlog同様、時々ご覧になっていただければ
とっても嬉しいデス。(お見苦しい点はお許しください)

どうぞ よろしくお願いいたします!


「CONNE」  http://conne.web.fc2.com/



<織部灰かぶり花入れ/郡上八幡時代の作品・薪窯でした。全く同じモノはできないのはさみしいかぎりデス。私のお気に入りデス。>
2008.05.05.Mon

味噌つくりに城端曳山祭り

2008味噌つくり

金沢に来た翌年から恒例となった
「味噌つくり」。(家族総出でお隣さんと一緒に)


我が家1年分の味噌をつくります。


富山県産の大豆と麹と塩だけの材料。
おいしくするポイントは 大豆を煮た汁をまぜること。
楽しくつくること。


朝4時に火を入れ始めて 昼には出来上がります。(樽にしまうまで)
秋には もう食べられますよ~



富山の麹屋さんに大きな釜とかまどを返しにいくついでに
お散歩しに城端まで。


お散歩とおもっていたら 城端では1年に一度の「曳山祭り」。
大きな曳山が町を巡行しているのに すっかり魅了されてしまいました。


300年の歴史を支えている町の人々の姿…
見事な曳山の細工…
曳山の車輪のきしむ音…(曲がり角はこちらまでハラハラ)
お囃子(三味線・横笛・太鼓)の心落ち着く音色…


2008曳山


狭い路地を行く時は屋根をたたんだり
飾り物を取り外したり…
                                2008曳山2


                                思いがけずステキな時間になりました。




2008.05.04.Sun

能登へ

千枚田


ここへきてからはじめての「能登」。
16年ぶり。


目的は娘の飼っているヤドカリのうち探し(貝ひろい)


輪島の朝市でのお散歩をかわきり(黒豆とうずら豆をお買い物)に
袖が浜~白米の千枚田~琴が浜~増穂が浦とめぐりました。


暑過ぎず 風もいい具合にふいていて
とても気持ちのいい時間をすごしました。


そして やわらかい風を感じながら 波の音をききながらの
浜辺でのつかの間の午睡のなんともいえぬ気持ちのよさ。


子供たちとも しっかり遊んでいい一日でした。

増穂が浦



2008.05.02.Fri

たけのこ

2008


たけのこシーズン真っ盛り。


帰宅すると 娘の書いたはしり書きとたけのこ。


他の季節ではもう食べたくないほど
「旬」のモノはおいしいのです。



掘りたてはその時のごはんのとぎ汁でかんたんにあく抜き。
(なにもしなくてもいいとはいいますが)

すこしたったものは やはり糠と唐辛子で。
たてにさっと切れ目をいれて皮ごと
1~2時間くらいゆでて 一晩そのままにして
次の日水でさらします。



いろいろな調理に利用できるけれど…

なにかおいしい食べ方ないですか?と
お料理のプロの方に聞くと

「しろみそとマヨネーズをのせてホイルでつつんでオーブンで焼く」
おいしいよ~とおそわりました。(しろみそがミソ)



さっそくやってみます~




昼食はうどん。(夫が好きなのでほぼ毎日うどんデス)
今日は竹の子・あげ・ねぎをうどんのだしで煮て ゆであがったうどんにかけたもの。






2008.05.01.Thu

山吹色

やまぶき色


はやい・はやい もう5月。


色鉛筆のやまぶき色は
この「山吹」からきてるんだよなぁと
確認する季節。
2008.05.01.Thu

白釉ちぎり変形まる皿

白釉ちぎり変形丸皿 チーズケーキ



すこし日があいてしまいました。

新宿OZONE、無事終了いたしました。
お買い求めいただいたお客様・足をとめてくださったお客様ありがとうございました!


私はといえば
おとといは ゴールデンウィークというのにパートへ。


でも 最近知り合えたご夫婦を夕方からおさそいしたり
夕飯前に むすめとバトミントンをしたり のんびり気分はあじわえたかな。


そのご夫婦は富山アートマーケットで
知り合った方。県境住民同士、こちら石川県側・あちら富山県側で、
位置的にはとても近しいのです。


こんな所によくぞ越してきてきてくれたと
奥さんはさびしくないだろうか、どうだろうかと自分を重ねあわせて
気になっていたので さっそくお茶におよびしたというわけです。


ここまでいらした 経過もやはりいろいろあったようで
皆いろんな思いをしていきているんだなぁと…


よいおつきあいができると いいなぁって思っています。


<白釉ちぎり変形まる皿/チーズケーキをやきました。クリームチーズの箱にかいてあるレシピどおり・ただ 下の方につかうビスケットはいつも“マリー”と決めています。>







 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。